公論サポーター中四国支部しろくまです。

 

令和3年、今年最後のゴー宣道場が12月5日に開催します。

第102回関東ゴー宣道場、テーマは「日本人大劣化現象」です。

申込がまだの方、締切間近ですのでお急ぎ下さーい!

 

日本人大劣化、この劣化というのは社会全体から日本人全体まで、

コロナ禍になってから、一気に崩れるように社会や経済も全て連鎖し崩れていき、日常生活も脆く崩れ去り、そして個人までもが弱くなってしまった。

もう感染者が激減しているのに、まわりではまだマスクをつけたまま変わらず。

もう普段の日常に戻れば良いのに、身近な年配の人から「このまま続けたほうがいい。」

このマスクと感染対策をこのまま続ける、なんてことをまだ言ってる人は多くいます。

止めようとしない、その陰でどれだけの多くの人たちが苦しんでいるか知ろうとしない。

 

これほどまで弱かったのか?どうした日本人!本来の持ってる力は発揮できないのか?

このままで良いのだろうか?この状況はおかしいと疑問に思ってる方、

このまま日本の民主主義はどうなるのか?皇室の問題、安定的皇位継承問題はどうなるのか?

 

そして私たちはこれからどうしていけば良いか?

皆が安心して暮らせる社会に、秩序のある日本にするため、

そして子供たちの未来のためにも、私たちができることを考えましょう。

 

今年を総括するテーマ、今年最後のゴー宣道場に参加しましょう!

 

参加申込は、公式ゴー宣ネット道場の「道場参加申し込み」で申込ができます。

注)11月8日、今日中で申込締め切ります。