こんにちは、岡山のしろくまです。

※ブログは不定期に更新していきます。

 

本日、7月31日に総務省から「労働力調査 基本集計6月分」が発表されました。

 

前回の5月分と、今回の6月分の就業者数と雇用者数、完全失業者数を並べてみました。

以前よりも改善されているかどうか、比較して見て下さい。

※グラフは6月分結果です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5月【就業者】

・就業者数ー6656万人。前年同月と比べて76万人減少(2ヶ月連続減少)

6月【就業者】

・就業者数ー6670万人。前年同月と比べて77万人減少(3か月連続減少)

 

 

5月

・就業者76万人減少のうち、男女別では男性43万人減少。女性33万人減少。

6月

・就業者77万人減少のうち、 男女別では男性は42万人減少。女性は35万人減少。

 

 

5月

・雇用者数ー5920万人。前年同月と比べて73万人減少(2ヶ月連続減少)

・正規の職員・従業員数ー3534万人。前年同月に比べ1万人減少(8ヶ月ぶり減少)

・非正規の職員・従業員数ー2045万人。前年同月に比べ61万人減少(3ヶ月連続減少)

6月

・雇用者数ー5929万人。前年同月と比べ94万人減少(3か月連続減少)

・正規の職員・従業員数ー3561万人。前年同月に比べ30万人増加(2か月ぶり増加)

・非正規の職員・従業員数ー2044万人。前年同月に比べ104万人減少(4か月連続減少)

 

5月
・主な産業別就業者を前年同月と比べると
「宿泊業、飲食サービス業」「卸売業、小売業」「生活関連サービス、娯楽業」などが減少。

6月
・主な産業別就業者を前年同月と比べると
「宿泊業,飲食サービス業」「建設業」 「生活関連サービス業,娯楽業」などが減少。

 

5月【完全失業者】

・完全失業者数ー198万人。前年同月に比べ33万人増加(4ヶ月連続増加)
男性は119万人で、前年同月に比べ24万人増加。
女性は79万人で、前年同月に比べ9万人増加。

6月【完全失業者】

・完全失業者数ー195万人。前年同月に比べ33万人増加(5か月連続増加)
男性は117万人。前年同月に比べ20万人増加。
女性は78万人。前年同月に比べ13万人増加。

 

 

5月【求職理由別完全失業者数】

・完全失業者のうち
「勤め先や事業の都合による離職」は35万人と、前年同月に比べ12万人増加
「自発的な離職(自己都合)」は73万人と、前年同月に比べ5万人増加
「新たに求職」は54万人と、前年同月に比べ14万人増加

 

6月【求職理由別完全失業者数】

・完全失業者のうち
「勤め先や事業の都合による離職」は41万人と,前年同月に比べ19万人増加。
「自発的な離職(自己都合)」は72万人と,前年同月に比べ6万人増加。
「新たに求職」は50万人と,前年同月に比べ7万人増加。

 

出典:「労働力調査 基本集計」(総務省統計局)

https://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/tsuki/index.html

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前回と比較してみると、改善の兆候など全く見られず、
完全失業者数もあまり変わらず、全体的に雇用者数など停滞しています。

新型コロナの影響によって、現在も経済に甚大な被害が続いているので、
今後の数字に現れると予想します。

今後の動向を注視していきます。